今しかないです!!為替で稼ぐのは今年を見逃さないで!
外貨預金なら、売り買いするだけで、2円以上の手数料です

それが、外為オンラインならどれだけ売り解しても、タダ(無料です)

レバレッジ1倍で取引すれば、何も怖くない。

資料請求は外国為替証拠金取引なら外為オンライン資料請求こちらです!!

「結局は、負けるから・・・」

本当にそう思っていますか?

サブプライム問題で下落している今こそチャンスです

ちょうど4年前、年末まで円安に向かっていった、あの時を

思いだします。

(苦い思い出ですけど 苦笑)

あなたも、継続は力なりです!!

こつこつ、市場からお金をむしりとってください!
沙村 広明

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS) 人気ランキング :
定価 : ¥ 700
販売元 :太田出版
発売日 : 2007-12-18
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 700
ツボにハマった作風

レビュー全体を通して「陰鬱」「残酷」「憂鬱」といった単語が目立っていた様に見受けられたので、元々沙村先生の作風に見え隠れするS性が好きな自分はワクワクしながら手に取ってみた。
元々その情報を前提として構えてたのがいけないのか。。最初から酷いなーとか可哀想だなーとか思う事もなく、単純に「面白い!」と思いながらページを捲っていた。
一番好きなのは第二話。
少女を励まし続けた存在はこの物語において果たして絶望なのか、希望なのか、明瞭としない部分がなお更物語の深さを担っていた様に思う。
絶望の淵に縋る光明だったからこそ良心の呵責が鮮明に意識に上るのか、、少女の友人への告白のシーンは思わず涙を誘われそうになった。

話の纏まりも個人的にはすっきりしたし、読了後もわたしは清々しい気分だった。
とても良い作品だと思う!
周りの嗜好の似ている友人に是非読ませたい。
但しこういったストーリーに免疫が無さそうな旦那には勧めないが(笑)

傑作なのは間違いないのですが・・・

とにかく残酷。奈落のように深い絶望を描くためだけにつくられた設定が少女達に牙をむいて襲いかかります。
「希望」というものを一度見せてから突き落とすだけにその絶望の深いこと深いこと。
ひたすら救いのないお話です。
ラストにしてもあのこれからはあの残酷が繰り広げられることがないというだけですでに死んでしまった少女達に対しての贖罪などまったくできない相談ですし。
ひたすら読む人を選ぶでしょうが傑作なのは間違いないです。

上手く言えないけど

spa!で批評が載ってたので買ってみました。
まず思ったのはこのような内容の漫画でもちゃんと出版されて、あまつさえ未成年も購入できるこの社会に、私は生まれてよかったと思いました。
次に思ったのは物語の背景の社会の構造です。
一握りの上流貴族が権力を握る厳格な階級社会、人間の本質を知り抜いた故にこそ考えだされたの醜悪かつ洗練された生け贄システムの存在。 非常に成熟した文化が存在している。
かつての古代ローマ帝国時代にも円形競技場で連日にわたって残虐な処刑がショーとして人々に公開されていたし、
ナチスによるホロコーストもシステマティックに管理されていました。今ならキューバのグアンタナモ基地での囚人に対する拷問もそのやり方には順序があるらしい。
人間って知性理性が爛熟してくると、何事にも無秩序を排除したくなるんですね。
だからこそ秩序、既成概念をぶちこわすアート、芸術が必要なんです。
よって、この漫画は素晴らしいアートだと思います。

おすすめはできませんが・・・

ほかの方々が書いているようにオススメはしません。特に女性の方には。
内容は簡単に言えば少女たちが過酷な運命にあって・・・という話です。基本的に夢も希望もあったもんじゃありません。
明るく楽しく漫画を読みたい人はもちろん、暗い話でも救いがあれば・・・という人でもつらいと思います。
自分も基本的には後者ですが、読後相当陰鬱な気分になりました。

それでもこの漫画に☆4つをつけるのはうまくいえませんが、ここまで衝撃(というかダメージ?)を与えられた漫画はなかったからです。
自分は映画や物語では泣かない人で、これは「所詮作り物だしなぁ」という考えが先行してしまうがゆえだと思っています。
例外なく、この作品も作り物っぽさが無論あります。ですが、なんというか「絶望」とか「人の陰」みたいなものの描き方が異常に本物っぽいというか。
読者を絶望させる、という一点がとんでもなくズバ抜けています。
この漫画を評価するにはあまりにも日本語が拙いと言わざるを得ませんが、それでも誰かに読んでみて欲しい、
でもオススメは本当にできないと思わせる漫画でした。

目を背けた…それで正解

僕はこの作品が大好き…というと語弊があり、言うこっちもムナクソ悪くなるほど…ただ大事にしたい作品の一つとなってしまったのは事実なもんで…
エログロ…作者も言ってるようにこれはそれを描写したものではない…けど、欲望に身を包んだ数多の(作品内の…そして作品外の)人が隠し続けていた精神性のようなものを感じさせる作品なのだと思う。そりゃムナクソも悪くなるよ…だけど目を背けてはいけないよ…
願わくは…最後の作者のコメントが作品緩和の為のただの冗談でありますように…

『今こそFX(外国為替取引)』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 今こそFX(外国為替取引) All rights reserved.