今しかないです!!為替で稼ぐのは今年を見逃さないで!
外貨預金なら、売り買いするだけで、2円以上の手数料です

それが、外為オンラインならどれだけ売り解しても、タダ(無料です)

レバレッジ1倍で取引すれば、何も怖くない。

資料請求は外国為替証拠金取引なら外為オンライン資料請求こちらです!!

「結局は、負けるから・・・」

本当にそう思っていますか?

サブプライム問題で下落している今こそチャンスです

ちょうど4年前、年末まで円安に向かっていった、あの時を

思いだします。

(苦い思い出ですけど 苦笑)

あなたも、継続は力なりです!!

こつこつ、市場からお金をむしりとってください!
小澤政太郎

為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ) 人気ランキング : 14933位
定価 : ¥ 2,940
販売元 :パンローリング
発売日 : 2006-08-03
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 2,940
レヴューの反応の方が、非常に興味深い。

株式鞘取りのシステム本で、この
為替鞘取り本の他のレヴュアーと、ほぼ
同じ内容のレヴューをもう少し、詳しく突っ込んだ内容で
書いてポストしたら、2,3日しない内に、素人衆が、
「この株式鞘取りシステム本は、スゲー!スゲー!」の
大合唱のレヴューを送って来た。

どうやら、株式投資を遣っている人達ってのは、
経験が5年以上とか10年以上とかでも、相変わらず、
「ミーちゃんハーちゃん」のレヴェルの様である。
しかし、其れと比較すると、
FXトレーダーの人達は経験が、3?5年位でも
実に研究熱心であり、この様な為替鞘取りシステム本を
極フツーに「批判的」に読んでいる。

「勝負にならねー」所では無く、どちらのマーケットで
戦った方がラクに勝てるかが、「如実に」判る
と言うものだ。

補足。
多くのレヴュアーが指摘している通りだが、
著者は、恐らく「裁定取引」と言う概念が
余り良く判っていないらしい。詰まり、この本の考え方では
「鞘らしい鞘」が存在しないのだ。少なくとも、「鞘を取る事で
有利に取引する」と言う考え方では無い。本当の鞘取りを
学びたければ、羽根氏の商品鞘取り本か、
栗山氏の株式鞘取り本を薦める。

もう一つ補足。
若しかしたら、私が混乱しているのかも知れないし、
著者が混乱しているのかも知れないし、其の両方なのかも
知れないが、

1.スワップを取りたいのか、為替の差益を取りたいのか
  ハッキリしない。
2.逆張りと損きりの重要性を語りながら、順張りの話が
  時々、出て来ているが、「逆張り」対「順張り」の
  パフォーマンス比較を、検証結果で明確に示して、「故に、
  自分は逆張りのスタンスで行く」と言う様な「論旨の明快さ」に
  欠ける。

どうも

@1.相関・逆相関
@2.順張り・逆張り
@3.為替の鞘の何たるか

を、項目別に書いてから、一旦、体系化して、
其の後、付録として、テクニカルの解説と、検証結果を載せれば
良かった様に思う。
本書の大半がテクニカルの解説になっている割りに
本全体のページ数が少ないので、コンセプト其のものが、
判り難い、と言うか、読者に誤解され易い本に為っている様でも有る。
「俺、知らない間に、頭悪くなったのかも知れん」と言う読後感を
読者に持たせる書き方では、さして売れないだろう。しかも、著者が
日本人で、日本語で書いていると言うのに。

裏づけになるデータなし

百歩譲って価格形成に歪みがあってサヤを取れるとしても、統計的に平均の利幅はかなり薄いものに収束すると予想される。そうした疑問に答えるだけの実証データを提示していない。
トレードがうまくいった部分のチャート値動きだけを抜き出して解説し、あとは
ありきたりのテクニカル指標の説明でお茶を濁しているという印象しかありませんでした。


結構使えそうですよ!

他の方のレビューは厳しいものが多いですが、私がエクセルで簡単なシュミュレーションをしてみたところ、結構よいものができました。まぁシュミュレーションと実際の取引は別物ですが、GBP/JPYとCHF/JPYを使ったサヤトリは(ちなみにGBP/CHFとは別の動きになりますよ)1999年1月から2007年4月24日までで勝率78%でした。

最低

例えば「ユーロ/円とドル/円」とで関連するレート間の値幅の伸縮から収益を上げる究極のリスク回避などとなっている

しかしこれは、誰でもわかるようにこの組み合わせ例では単に「ユーロ/ドル」の売買をしているにすぎない。

為替のわかる人なら、誰でもわかると思うが、超初心者を破産に追いやる内容の本である。

私が読んだ為替の本のなかで最も被害が大きく残念ながら最低と評価せざるおえない。

初心者のかたへ
「絶対だまされてはいけません!とても危険な完全に誤ったアービトラージです!」

悪くは無いが

我々日本人は、まず、円と他の通過のペアでFXを考えるが
ある程度慣れた方ならば、円を絡めない通貨のペア取引を研究している。

相関関係があるペアといっても
それは日本国の円を絡めていないだけであって
どちらかというと片張りに近いのでは。

鞘取りでも損切りは必須であるし
スワップ金利がもらえるようなペアを組んだとしても
それほど低リスクとは思えない。

FX関連の本の中では悪くは無くしっかりした内容であるが、
マイナーな通貨同士のペアは避けたほうが良いと思う。

『今こそFX(外国為替取引)』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 今こそFX(外国為替取引) All rights reserved.